しこりニキビ 食べ物

しこりニキビに効く!?食べ物で内側からもケアしよう

しこりニキビは、食べ物ひとつで改善していくことがあります。

 

毎日口にする食べ物や飲み物をちょっとだけ気を付けることで、ニキビの炎症を軽くして、しこりニキビに発展させないようにできるんです。

 

 

○しこりニキビに良い食べ物

 

・炎症を抑える食べ物

 

しこりニキビは、赤くなったニキビの膿が毛穴の壁まで破壊してしまうことで、それを修復しようと細胞が増えるために、かたくなってしまうことが原因。

 

そのため、炎症を抑える食べ物を取るのがオススメ。

 

ビタミンEやビタミンCなどが豊富に含まれている、トマト、豚肉、バナナなどがいいでしょう。

 

 

・老廃物を溜めないための食材

 

便秘だったり、老廃物が溜まると、有毒物質が肌表面にあらわれてニキビとなります。

 

それ以上に悪化させないためにも、体内の老廃物を取り除くことが大切。

 

それには、食物繊維豊富なゴボウ、白菜、4海藻類がぴったり。

 

または、乳酸菌を増やして腸内環境を整えるヨーグルトや、乳酸菌発酵のお漬物なども食べると良いでしょう。

 

 

・できたてのニキビに良い食べ物

 

赤く炎症を起こす前、しこりニキビになってしまう前にケアするなら、腸内環境を整えるためのヨーグルトの他にも、栄養状態をよくすることが大切。

 

また、ホルモンバランスを整えたり、疲れを効率よくとることも重要です。

 

それには、緑黄色野菜(カボチャ、ニンジン)、赤い魚介類(サケ、エビ、カニ)、良質なたんぱく質が取れる鶏肉(特にササミ)がオススメです。

 

 

・しこりニキビになってしまった時

 

炎症が酷くなってしこりができてしまったら、とにかく血液や水分の流れを良くして、肌の修復を早めることがポイント。

 

そのためには、血流を良くする脂肪酸が豊富な青魚(サバ、イワシなど)、老廃物をからめとる繊維質たっぷりのキノコ類、海藻類、血液をサラサラにするタマネギなどがオススメです。

 

 

 

○ニキビ改善に良くない食べ物

 

しこりニキビや、その他すべてのニキビにとって、良くない食べ物もあります。

 

それが、

 

・体を冷やすもの
・刺激が強いもの
・油分、糖分が多いもの

 

です。

 

例えば、冷たい飲み物、清涼飲料水、スナック菓子、揚げ物、トウガラシが多く使われているものなどです。

 

ついつい食事中にジュースを飲んだりしてしまう方は、糖分の摂り過ぎと、体を冷やしている可能性があります。

 

常温の飲み物にしたり、糖分のないお茶にしたりなど、工夫していきましょう。

 

スナック菓子もついつい食べてしまいますが、オヤツを果物にしたり、ビタミンE豊富なナッツ(ただし6粒程度まで)にしたりと、コントロールすることで、我慢をしすぎなくても良くなります。

 

 

 

しこりニキビができてしまっても、食事ひとつで改善するスピードが速くなるので慌てずに!

 

スキンケアと食事での相乗効果で、嫌なしこりニキビをキレイになくしていきましょう。

 

関連ページ

しこりニキビの原因は一体なに?
しこりニキビの原因は難なのか。またしこりニキビの原因となるものを無くすためのコツなどもご紹介しています。
どうしても治らない!その原因とは
しこりニキビが治らない!それはどうしてなのか、しこりニキビが治らない原因と改善方法をまとめています。
しこりニキビになる前に!予防するためのポイント
しこりニキビを予防するポイントをまとめています。通常のニキビからしこりニキビに発展させないための、予防法を知っておきましょう。
いつもと違う固いニキビの特徴をチェック!
しこりニキビはどんな特徴があるのでしょうか。通常のニキビとしこりニキビの特徴の違いをまとめています。