しこりニキビ 特徴

いつもと違う固いニキビの特徴って何?

しこりニキビは、通常のニキビと違ってどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

通常のニキビは、表面が白っぽかったり、赤くなっていたりと、炎症の進行具合で状態が変わっています。

 

また、ニキビの中心に芯のようなものが見えていたり、比較的やわらかくてつぶそうと思えばつぶれてしまいそうな感触があります。

 

これは、毛穴に詰まった皮脂に雑菌が繁殖して、炎症が起こった状態です。

 

多くのニキビはこの状態から悪化することなく、徐々に改善していきます。

 

 

これに対してしこりニキビの特徴は、

 

・表面が赤〜紫色っぽくなる
・または、表面に色の変化があまりない
・ニキビの芯が見当たらない
・さわると固く、つぶれる感触は無い

 

などです。

 

しこりニキビは、通常のニキビがさらに炎症が悪化して、肌の表面ではなく奥の方で毛穴自体を破壊してしまうために起こります。

 

しかし肌は、そんな状態のまま放っておくわけではありません。

 

肌の中では自分自身で破壊された組織を必死で治そうとするために、新しく生まれた肌細胞が固く集まって、ゴリゴリとしたしこりとなっているのです。

 

そのため、肌に見えるニキビに触れると奥の方に固い感触を感じたり、触ると痛みや痒みを感じることもあります。

 

この時、肌表面は虫刺されの様に無色で盛り上がっている場合もあり、色のないニキビといった印象になることも。

 

 

また、通常のニキビは毛穴に皮脂が落ち込んで炎症を起こしているので、表面に膿の芯が見えています。

 

しかし、しこりニキビの場合は、膿が肌の内側へ入り込んで炎症を起こし、さらに毛穴が完全にふさがっているので、芯が見つからないのです。

 

もし、いつものニキビと違う…触ると固いなと感じたら、それはしこりニキビに発展してしまった、炎症が進んだニキビかもしれません。

 

 

この状態になってしまった場合には、体の内側または肌の内側からのケアが大切です。

 

肌のターンオーバーを進めて、固くなってしまった部分を生まれ変わらせなくてはいけません。

 

そのためには、体の中に老廃物をためないこと。

 

便秘が酷い、むくみが酷い、冷え性だ…など、体にこのような不調がある方は要注意。

 

体の中に老廃物が溜まって、有害物質が発生してニキビが治るのを邪魔しているかもしれません。

 

 

固いしこりニキビが合って、体の状態が悪いかもと思い当たったら、スキンケアはもちろんですが、体の内側から巡りを良くする習慣をつけていきましょう。

 

いつものニキビと違う!と慌てなくても良いように、しっかりとケア方法を身に着けておけると良いですね。

 

関連ページ

しこりニキビの原因は一体なに?
しこりニキビの原因は難なのか。またしこりニキビの原因となるものを無くすためのコツなどもご紹介しています。
しこりニキビに効く!?食べ物で肌を変えましょう
しこりニキビに良い食べ物、悪い食べ物をまとめています。しこりニキビに悪化させないため、食生活の改善をしていきましょう。
どうしても治らない!その原因とは
しこりニキビが治らない!それはどうしてなのか、しこりニキビが治らない原因と改善方法をまとめています。
しこりニキビになる前に!予防するためのポイント
しこりニキビを予防するポイントをまとめています。通常のニキビからしこりニキビに発展させないための、予防法を知っておきましょう。